出来ない会社は潰れる!

バイトテロ対策!くら寿司の刑事、民事で法的処置以外の対応策とは

投稿日:

オッシー

ブラック企業脱出コンサルタント オッシーです。

バイトテロは恐ろしいです。

しかしこうすれば簡単に解決出来るのです。

 

ブラック 社長

「誠意を見せろ」=「金よこせ」

 

 

今日はですね、バイトテロのことをちょっと話にしてみようかと思ったんですが、たまたまなんですが、、貧困問題に取り組んでいらっしゃる藤田先生のコメントがYahoo!ニュースで流れておりました。

「藤田孝典」の画像検索結果

参考 https://twitter.com/fujitatakanori

 

「くら寿司もセブンイレブンもアルバイト店員の時給が安すぎる―繰り返される『バイトテロ』問題」

 

ということで、藤田先生の調べたところによると、くら寿司とかセブンイレブンに関してですね、最低時給近くで雇っていたんじゃないかって話で。

 

やっぱりバイトテロが起こるのは賃金が安すぎるからだろうって、そういうようなね、主張だったんです。

 

そしてさらに、Twitterでも

「繰り返し述べておきたい。責任ある仕事を任せるに値する賃金や処遇だったのか。責任ある仕事を任せるに値する賃金や処遇だったのか。再度検討してほしい」と。

こういうかたちで問題提起をされております。

 

 

実際に起こったバイトテロの内容参考程度にご紹介します。

 

股におたまをつけているのがすき家さん。

「おたますき家」の画像検索結果

 

 

ゴミ箱に一旦魚をぶち込んで、それをもう一回出そうとしているのがくら寿司さん。

「くら寿司 バイトテロ」の画像検索結果

 

 

それから唐揚げをフライヤーに入れる前に一旦ね、床にこすりつけてるのがビッグエコーさん。

「ビックエコー バイトテロ」の画像検索結果

 

 

そしておでんをね、口に含んで戻したりするのがセブンイレブンさん。

「セブン バイトテロ」の画像検索結果

 

 

バイトテロは低賃金だから起きた?

こういうバイトテロの問題ですね、このバイトテロの問題がこの人たちに低賃金で責任ある仕事を任せてしまったのも本当に悪いことなのかって。

 

その責任ある仕事って一体何なんだろうって。これは本当に賃金の問題だけで考えていいもんだろうか。

 

だって経営者側からすると、これ、一発で終わりですよ。一発で。

 

特に本当にコンビニなんて、数千万の借り入れを起こしてね、フランチャイズやるわけです。で、こういう問題が起こった時に、本当にその数千万ね、借金背負ったまま店のオーナーが本当にね、路頭に迷うと。そういうことだって、十分にあり得る話なんですよ。

 

で、くら寿司さんがですね。反省の意を書面出していろいろされてます。YouTubeの動画もね、されておりました。

 

「類似の事故が様々なチェーン店で多発しており」、うちだけじゃなくてね、よそのチェーン店でも多発しており、「当社も日ごろからその対応を懸命に行っておりましたが、力およばず同種の事件が起きてしまいました」と。

 

そして、くら寿司さんですね、YouTubeでも対応策として動画を出されてたんですが、全国全店舗、スマホ持ち込み禁止の徹底っていうやつで、私、最初、金属探知機でなんかやってんのかなって、そこまでやるかと思ったら、これ、実はただのコロコロなんですよ。

 

コロコロで、ようするに制服についてるような細かいごみを取りながらスマホが入っていないことをね、より確認するのかなって。

 

そして、中国の例もありまして、中国の場合は、厨房の所にカメラをつけて店に流してですね、なおかつ中国だとコマーシャルも流したりすると。

 

やっぱいろいろね、世界各国でそういうバイトテロの防止に向けて頑張ったり、あるいはついでにコマーシャルを流したりとか、いろいろ考えているんだなと。

 

バイトテロに対する会社の対応

そして、くら寿司さんの場合ですね、2019年の2月8日にですね、昨日一昨日です。「くら寿司守口店における不適切行動をとった従業員2名について。

 

その従業員2名は2月8日をもって雇用契約を終了し、退職処分としたと同時に」、ここです。「刑事、民事での法的処置の準備に入ったことをご報告いたします」

 

刑事、民事です。刑事、民事は法的処置をアルバイトでしょうけど、従業員2人に対して行うと。

 

そして、その理由なんですがね。2番目に、「多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNSの投稿に対し、当社が一石を投じ、全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ抑止力とする為」

 

刑事、民事での法的処置は抑止力になるのか!?

これは、やっぱり3万3,000人もの従業員を抱えているくら寿司さん、そして他にもたくさんチェーン店のね、飲食業あります。

 

そこで行われていることが一発でSNSでああやって流してね、そしていかに一部の地域、一部の店であったことがどれだけのね、信用低下につながるかと。そういう従業員に対して刑事、民事での法的処置をして、そして今後の抑止力とする。

 

これは、経営側からすると本当にこれよく分かります。

 

ところが、これについてはやっぱり働く側とか、アルバイトでも従業員側はやっぱりどうしても藤田先生の考え方、低賃金で働かされてる。だから、バイトテロは仕方ないよねっていうような感じの意見も多かったんですよ。

 

 

一部Twitterより抜粋

・「最近バイトテロ、あれはね。店員を奴隷かなんかと勘違いしてる頭のイカれた迷惑客と」、たしかに迷惑客います。

 

・「糞みたいな時給しか払わんのに社員並みのプライドを持って働けなんてほざく経営者側へのバイトたちの復讐だよ。奴等を所詮バイトなんて甘く見ない方がいい。サービス業界のテロリストは恐ろしいぞ」という感じでね。

 

・「従業員だけでなく、企業にこそ、この問題にある背景と真摯に向き合う必要があるのではないか」。やっぱり、働く側に関して、もっと状況をよくしたりしなきゃいけないようなそうしないとこのバイトテロは収まらないと。

 

・「バイトテロ防止の抑止の仕方が監視カメラ強化」、実際監視カメラ、くら寿司もかなり強化してます。「スマホ持ち込み禁止」これね、くら寿司のほうでもありました。

 

「とにかく上から抑えつけるやり方しかなく、管理者を増やす給与を上げるとか、そして給与を上げて人を募って厳選する、人を厳選するとか、システムの話には絶対にならないのでこの世は、もう」

って感じでね、諦めの声もあがっております。

 

まとめ

私はですね、やっぱりアルバイトに対してもきちんと保証人を取るべきだと思います、まず。

 

で、不動産の賃貸なんかも別に家賃の未払いが怖いんじゃなくて、その人が荷物を置いたままどっか行っちゃうとかですね、そういう時にやっぱりきちんと保証人が連帯保証人がその荷物をきちんと責任もってちゃんとしますとか。

 

そういうことで、その保証人の存在というものが世の中にある程度できてる、その賃貸の不動産の仕組みをこのアルバイトにも入れたほうがいいんじゃないか。

 

私もですね、実は賃金というのは上げるべきだと私もずっと思ってます。私も。

 

ところが、賃金を上げたくても上げられないというね、ような業種もたしかにあるし、そこでどう調整していくかと。

 

国がね、もちろん補助金を出すというのも一つの手でしょう。

 

ただし、民間が何ができるかといったら、やっぱりアルバイトさんでも保証人をつけてもらうしか、そういうことしかね、出来ないんじゃないかなと思ってね、お話ししました。

 

 

ちなみに今あなたの年収はいくらですか?今の金額は適正なのでしょうか?

自分の市場価値って自分が決めるのではなくちゃんと評価をしてくれる人がするんです。

あなたの市場価値はどれくらいかがわかります!

嘘だと思うのならミイダスで自分の適正年収を診断してみてください。このツールは無料で今現在の自分の年収相場を算出することができるのですが、

ちなみに、私の市場価値は年収609万円でした。 結構高い!

皆さんも是非やってみてください。自分の市場価値がわかるってのは面白いのです。

下記リンクから診断できますよ。

ミイダスで今すぐ市場価値を診断してみる!

 



-出来ない会社は潰れる!

Copyright© ブラック企業からの転職!特徴と見分け方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.