ブラック企業からの転職!

騙されたくなかったら勉強するしかない!他人のルールは損をする!そのことを学んで勝ち組に!!

更新日:

今日はですね、東大受験漫画の「ドラゴン桜」さんからですね、ご紹介したいんですけど。

桜木先生がですね、一番最初にこのちょっとバカ面した生徒たちに言う言葉があります。

 

「ドラゴン桜マンガ 生徒に説明」の画像検索結果

「いいか、賢いやつはだまされずに得して勝つ。バカはだまされて損して負ける。騙されたくなかったら、損して負けたくなかったら、お前ら、勉強しろ」そして東大に入ってルールを作る側になれと。

 

世の中、いろんなルールがあります。みんなそのルールに従って生きてます。

ですが、我々が作ったルールじゃないです。

 

そして、一番今、割をくってるのは、普通のサラリーマンです。

 

で、普通のサラリーマンの方、どんどんどんどん平均年収も下がっているし、なおかつ、同じ年収であっても手取りがね、どんどんどんどん減っていきます。

 

実際ですね、2011年と2017年の比較なんですが、2011年度年収300万円の人は281万円の手取りがあったと。

ところが、6年経って2017年度になると、261万円まで減って、20万円も手取りが減ってしまったと。

で、年収が上がればその減った額がおのずと大きくなると。

 

 

働かないお年寄りにお金を配るのが若者の役目?

さて、じゃあ、このお金どこにいったの?という話なんですね。

もちろんこのお金はほとんどが社会保障という名のもとにお年寄りにいっているわけです。

 

で、別にお年寄りを大事にするなという話ではなくて、でも日本のGDPが頭打ちになってるんですよ。

頭打ちになってて、だから給料上がらないんです、正直。

 

だけど、お金じゃあ、GDP上げるために子どもたちのほうにお金がいくかというと、お金いかないんですよ。

やっぱり選挙にちゃんと行ってくれるね、お年寄りのほうにいくようになっていると。

 

で、本人の手取りも減ってますけど、会社負担も増えている。

本人の手取りが減ってる分ね。大体今は、額面金額の18%くらい裏で取られてます。

これは、会社負担じゃないんです。

会社の経営側からすると、これは労働者負担です。

 

でも、それが分かんないよう、分かんないように頭のいい連中が取るんです。

ここが問題なんですよ。

そのルールを作る側っていうのはなるべくなるべく分からないようにして取るんだって、これね、やっぱり知っておくだけで随分ね、考え方変わると思います。

 

 

今度は働き方改革法案

ちゃんとみんなルールを守ろうとします。じゃあ、ルールを守った結果どうなったか。

「大企業の働き方改革の影響で中小企業の6割が”長時間労働に”」

当たり前の話です。

どっかに必ずしわ寄せがいくんです、しわ寄せが。

だから、このしわ寄せがいくことを分かっていても、みんなルールを守ろうとしてると。

 

もう1個いきます。

「東洋経済オンライン「非正社員の多い会社」トップ500ランキング」の画像検索結果

※東洋経済オンライン「非正社員の多い会社」トップ500ランキングから抜粋

 

これもね、ルールを守った結果です。

非正規社員が多い、非正社員は非正規社員のことですから。

多い会社で、数で見てみてもすごい数です。イオンを筆頭に、それからね、郵便局、そしてセブン&アイとか、トヨタ、NTT、ファーストリテイリング、ニチイ、ゼンショーにすかいらーく、SGホールディングス。たくさんの雇用を生み出してますね。

 

これもルールに従った結果なんですよ。

ルールに従うとこうせざるを得なくなったというやつですね。

 

ですからその支店支店において、ようするに転勤がない場合は、それでいわゆる単純作業に近い部分はほとんど非正規としか雇えないと。

これもルールに従った結果だということをね、たぶんそんなふうに見なくて、ほとんど資本家が搾取してるみたいに思われるかもしれないですけど、もうね、ルールに従っただけなんだって、それを多分ほとんどの人が理解がされないと思います。

 

 

H30年時点の東京都の最低賃金は985円

「東京の最低賃金」の画像検索結果

 

あとはね、最低賃金の問題です。

今、東京は985円の時給を払わないと違法になります。

で、そうすると月給換算します。

 

月給換算すると1日8時間で月の平均労働時間が168時間とした場合ですね、

165,480円以上払えばいいと。こういう法律になってます。

 

じゃあ、これで求人を出す場合に、求人誌のプロはこれ見て「あ、これじゃダメですね」と言います。

「みなし残業時間40時間つけましょう」とか、あと、「そうですね、通勤交通費ものっけちゃいましょう」とか、そういうかたちでですね。

大体が表面的に22万くらいにします。

 

それもルールに従ってるんですよ。

 

ルールに従って、なおかつ、職を求める側もね、残業なんてして当たり前だみたいなそのルールの中でそういう求人も行われているというね、話です。

だからすごく馬鹿げてるでしょ?

すごく馬鹿げてるんですけど、それが世の中のルールに従うという話なんですよ。

 

 

会社なんて辞めちまえ!の先には!?

某コーチのですね、スーパーブロガーであり、今ユーチューバーの方がですね、脱社畜ってことでね、会社なんて辞めちまえっていつも仰ってます。

じゃあ、会社を辞めて実際にフリーランスになった人たち、まあ現実はどうかっていう話ですね。

 

これ、中小企業庁が発表しています。

 

「フリーランス手取り年収 中小企業庁」の画像検索結果

※中小企業庁より抜粋

 

で、こちらがですね、上のほうのグラフが年収です。そして下が貯金です。

 

グラフの下で14.9%のところですが貯蓄の額が1,000万円以上ある人たちは、もうサラリーマン時代にもしかしたら稼いだとか、あるいは相続とかしたのかなとか、あとは、本当にめちゃくちゃ稼ぎまくったのかなとかいろいろあると思うんですけど。

 

上のグラフの部分なのですが、現実問題の年収です、手取り年収ですね。

いわゆる所得というやつで考えると、オレンジ色100万円未満が23.1%、4分の1くらいです。

それからオレンジ色とベージュ色100万円から300万円までここまで含めると、これ、全体の6割ですよ、6割。

6割が300万円も稼げないような状態なんですね。

 

そして、緑色300万円から500万円が22.7%。そしてこれから上ですね、12.3%が500万円から800万円

800万円以上になると全体の5%しかいないんです。

20人に1人しか800万円以上稼げないという、こういう現実があるんです。

 

こういう現実を見ないで夢だけ考えて、「会社なんて辞めちまえ!」て出るのはいいけど・・

社会保障も何もないようなフリーランスになって、なおかつ、稼ぎも悪いなんて・・

こういう現実が待っているんです。

 

ではなぜ、フリーランスも稼ぎが悪いかっていうと、実はですね、あれもきちんとしたルールの中でほとんど下請けに組み込まれてしまうんですよ。

ですから、これがですね、取引先、固定の取引先がどれぐらい依存しているかということで。

 

実はですね、ここ。

20%部分が特定の取引先に依存してないというふうに考えられると。

ですから、ほとんどは特定の取引先に依存しているわけです。

ですからそこにうまい具合に下請けに組み込まれてるんです。

組み込まれてる、そのルールの中でね。

 

 

フリーランスはどうやって仕事を増やしたのか?

「フリーランス手取り年収 中小企業庁」の画像検索結果

既存の顧客からの紹介、友人・知人からの紹介、同業の企業・経営者からの紹介。

そして異業種の企業・経営者からの紹介、フリーランスの総合扶助団体からの紹介

 

紹介ばっかりですね。

 

上から2番目です。自分の営業活動・売り込み、ここ。この部分。

つまりここの部分が本当にしっかりしてね、どんどんどんどん自分で取引先の数を増やしていかないと、結局下請け構造からは脱せないということです。

脱せないんです。

 

ですから、結局は誰かが作ったルールの中でフリーランスもほとんど生きてるわけです。

だから収入も全然ね、安い人たちが6割ぐらいいると。

 

 

決まったルールの中で生きて行かないようにしている人もいる

そのルールをですね、社会のルールを変えることはできないが、自分たちのルールを変えてしまおうと、これですね。

しょぼい起業で生きていく

 

「しょぼい起業で生きていく」のですね、えらいてんちょうさんですけど、そこで、このお2人がですね、しょぼい喫茶店というのを開く。

そして、そのしょぼい喫茶店を開いた1人のえらいてんちょう先生、えもいてんちょうさん、今度は「しょぼい喫茶店の本」ということで、本が発売されています。

 

しょぼい喫茶店の本

で、この2人が店を実際にやる時に覚悟したことというのは、家賃が払えなかったらよそでバイトして、それで家賃は補填していこうとか、お兄さんも看護師の資格ありますんで、派遣の看護師しながら家賃入れていこうとか、その覚悟だけはあったという話。

 

ですけど、この軍団のおもしろいところというのは、雇用というまず概念が存在しないんです。

雇用という概念が。

ここで働いてるっていうか、店長さんが変わっていろいろね、自分たちで自分の好きな店やるんですけど、それも雇用という概念じゃなくて、売上金を分配するというやり方です。

 

で、その時に、社会のルールは変えられないけど、こういうね、小さなところで自分たちのルールを作っていくって、こういうことは我々もできるんですね。

 

ですから、本当にね、社会のルールを自分たちがやっぱり変えることができなくても自分たちのルールをね、自分たちで作っていって、そして新しい働き方そういうことはできるんで、そんな考え方も結構おもしろいんじゃないかと思います。

 

 

ちなみに今あなたの年収はいくらですか?今の金額は適正なのでしょうか?

自分の市場価値って自分が決めるのではなくちゃんと評価をしてくれる人がするんです。

あなたの市場価値はどれくらいかがわかります!

嘘だと思うのならミイダスで自分の適正年収を診断してみてください。このツールは無料で今現在の自分の年収相場を算出することができるのですが、

ちなみに、私の市場価値は年収609万円でした。 結構高い!

皆さんも是非やってみてください。自分の市場価値がわかるってのは面白いのです。

下記リンクから診断できますよ。

ミイダスで今すぐ市場価値を診断してみる!

 

 

まとめ

さて、最後にまとめですが、あなたの今の現状はいかがですか?

・現状に不満がある

・やりたいことがある

どちらかあるならば今すぐに転職活動をすることをおすすめします

 

転職活動は体力的にも精神的にもかなりキツイです。

どんなにキツくても必ず在職中にして下さい。

在職中に行動をしなかったらいつまでたっても今の状況から抜け出すことは出来ないでしょう。

 

私は働いていますが元々会社が嫌いですし、いつも会社の労働から抜け出せるかを考えていました。

もがいて、もがいて、あがいて、います。

そのためには転職活動の努力なんて楽なもんです。

 

嫌な仕事を無理やりやるくらいなら転職活動の苦しみなんて一瞬ですから。

 

そして、これから転職活動を始める皆さんには必ずやって欲しいことが1つあります。

それは、転職エージェントを利用するということです。

 

まあ正直、転職エージェントを利用しなくとも自分の希望する求人さえ見つけてしまえばあとは応募するだけでいいので簡単なんですが、自分の希望する求人を見つける仕事というのがめちゃくちゃ難しいのです。

 

皆さんもやればわかりますよ。求人探すのってめっちゃ骨が折れます…

転職エージェントを利用することの最大のメリットは、どんな求人があるのかが一目でわかるということです。

 

エージェントさんと自分の希望業界、希望職種についてしっかりと面談で相談することで、自分に合った求人を見つけてもらうことができます。

ということで以下、僕も利用していたオススメの転職エージェントを紹介します。

 

実際に使ってみて良かったのはパソナキャリアキャリコネこの2件はかなり使えました。

たくさん登録するのも良いですが情報を集めるには本当にオススメのところです。

 

私はある日知りました。

今までの会社でやってきたことは一体なんだったのか?

本当に良い会社はあります。

 

大学院?有名大学?今働いているところは高校卒業の人だって元気に働いています!

でも超!超!ホワイト企業ですよ!

 

行動した努力は絶対にムダにはなりません。

疑う前にまず自分で行動することから始めましょう!

 



 





-ブラック企業からの転職!

Copyright© ブラック企業からの転職!特徴と見分け方 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.